vol9 千は急げ?

「………そっか。話はわかった。オレとしてもケイを走らせられればすごく嬉しい。ただ、シーズンも途中だし、あまりに急な話だから………正直どこまで出来るか分からない」

青さんは電話口でそういった。
ただ、オレは言葉尻ほど状況は悪くないと踏んだ。そうとなれば話は早い。片っ端からマシンを用意する段取りをつけて、ネットで車両を検索したり、レースベース車をオーダーする寸前までいったりしながら、プランを練った。その過程でどんどん自分のしたかったことが浮き彫りになってくる。そのイメージが鮮明になればなるほど、脳みそも活性化する。早くこのトライアングルを結びたい、そのためにはどうすればいいのか。あらゆる方法を考え、自分で出せるものはすべて出し、その上で当初の目的である「長く楽しめるレース」の下地を作る………。

青さんに電話してからやはり一週間後。

オレは2006年型CBR1000RRを手に入れた。
[PR]
by kei74moto2006 | 2006-05-08 05:36


<< vol10 レースはいつスター... vol8 とにかくずっとレース... >>