vol16 もてぎSTDシェイクダウン(フルパワー+モリワキマフラー装着のみ)

スペインから帰国して二日後、正確には53時間後には、ツインリンクもてぎでの初走行が始まった。未だ体内時計はスペインにあり、となれば当然リズムもマスターバイクヘレス仕様となる。挨拶をしてくる人にも「HOLA!]と言いかけ「ありがとう!」が「グラシアス/デナーダ」となりつつ、コースイン。もてぎは昨年の全日本最終戦以来、約半年ぶりだが、すぐにコースには馴染んだ。

今回のCBRの仕様はフルパワー化+モリワキレースマフラーの装着、タイヤはBT002PRO(前後ミディアムコンパウンド)、バックステップ(モリワキ)、そしてブレーキホース以外はカウルを含めてすべてド・ノーマルという状態。3年前のモテロー時よりもさらにノーマルに近いコンディションでの走り出しとなった。

3年前のモテローでは、エンジン関係ではマフラーをケンツ製にしただけのGSXRで58秒6がベストラップ(決勝レース中)だった。ただしこのレースに出るために何度かプラクティスを行い、ノーマルサスながら一応のセッティングを試みた上での結果だった。

これに対しCBRでの経験は、2003年もて耐になし塾栃木スピードとのコラボでCBR954RR(徹車)にて出場したのが記憶に新しいが、上のGSXRとほぼ同じ仕様ながら、ベストは2分1秒台でメ一杯だった。ほぼノーマルに近いマシンの絶対馬力不足は明らかで、なかなかそれ以上イケなかった。

そんなふたつの大きな経験から想像できたのは、

「割りにすぐにタイムが出るのではないか」

ということと、

「割りにすぐにタイムが出ないことに気付くのではないか」

ということだった。

そしてこの二つの疑問は、それぞれが息吹を得たかのように活性化し、そして今日のテストを翻弄することになるのだった………。


b0087712_2294055.jpgb0087712_2295195.jpg
[PR]
by kei74moto2006 | 2006-05-09 22:10 | 2006-07 もてぎ選手権


<< vol 16-2 嬉しき協力体制 vol15 事前準備 >>