vol 36 シーズンオフを迎えて。

 モトGP、全日本ともに全日程が終了、我がもてぎオープンへのCBRチャレンジもシーズンオフとなった。

 モーターサイクリスト誌上で連載している企画のために、マシンの最終的な仕様の確認をすることになり、オートショップアオヤマへマシンを引き取りに行く。その直前の電話で

「あ、アオさん、マシン取りに行くね」
「ん、ああ。そうそうお店に飾るようのカラーリングできたけど、どうする?」
「ん~シーズン中と違うカラーリングだと誌面上問題あるかな………」
「そっか。じゃあ使ってたヤツでいいね」
「うん、それでお願いします」

と話していた。

 ASアオヤマに到着、シーズン当初からすると10倍くらいの速さでバイクをステップに積み込み(いや~ステップワゴン、気に入ってるけど、マジで積載時だけは小人にならんと難しい……たまにアタマとタンクが挟まって抜けなくなるだよねえ………)ほんじゃまあ馬力計ってくんね、お楽しみに!みたいな感じで店を後にしようとしたそのときだった。「!!!!!」

「………あれ?ねえねえ、モトハシくん(ASアオヤマの敏腕メカ)、あれ、なあに?」
「え?ですからあれ梨本号のカウルですよ?」
「え?ウソなに?あんなにカッコいいの?」
「ええ、ちゃんと梨本号カラーリングになってます」

 しばし絶句。

「ねえアオさん、あんなカラーリングっていってなかったじゃん!」
「え?だってバイクはケイのだからさ、ちゃんと梨本塾カラーにしたよ」
「うそ~マジで。なんかすっげえカッコいいんだけど」
「ふふっ、で、どうする?」
「んん~………やっぱとっかえてもいいかな?」
「だからいったじゃん(笑)」

 ということで再度ステップから速攻でバイクをおろして、カウルをもう一度付け替え。ゴメンねモトハシ君。しばらくすると、非常にアグレッシブなカラーリングになったCBRがそこにいた。………うお、マジかっけええ、アオさんありがとう………。

 翌日、朝から大渋滞の中を西に東に奔走、ドクスダさんでは恒例のパワーチェックをして、お台場あたりでは撮影会。一日中最悪の渋滞にいた感じだったけど、一緒にいたのがドレスアップしたシビ子(うん、我ながら古い表現だとは思うよ。でも他に呼び名がないのだよ若者諸君。CBR、フランス風にセヴールとかか?)だったんで、いつもみたいに苛立つこともなかった。

                 ドレスアップしたシビ子。

b0087712_1902395.jpg


 今シーズンのシビ子の成長ぶり、パワー推移などは次号モーターサイクリス誌にてよろしくメタドック!(レアだね………)
[PR]
by kei74moto2006 | 2006-11-15 19:01 | オートショップアオヤマ


<< vol37 はじめての表彰式。  vol 35 CBRチャレン... >>