2006年 10月 17日 ( 1 )

vol 32 公式練習(10/13)

b0087712_17405785.jpg



 今日はモテローの公式練習となるため、同じオープンクラスのマシンと走ることが出来る。これでようやくCBRの夏以降の進化幅が正確に測れるだろう。

 朝イチからASアオヤマの敏腕メカニック本橋君が合流し、セットアップを進めていく。メインはやはりマッピングの変更。ゼロマップからはじめて濃いほう、薄いほうと色々ふってみることにする。

 さて、昨日のテストで感じた「おお、オレのCBRも走るようになったな」という印象は、同じオープンマイスタークラスに出場しているマシンと比較すると「そんなでもないな」に変わった。今回は他のマシンと練習から積極的に絡んでみることにしたのだが、いや~モテロー上位陣のマシンは本当に速い!たぶんJSBクラスの下手なプライベーターよりも速いね!自分的には満足だったCBRの進化も相対的なレベルでいえばまだまだ発展途上というところだろう。少なくともあと五馬力くらいはないと、ストレートで肩を並べるというレベルには達しない。スリップに入っても離される、というCBRが少なくとも四台ほどいた。これには少々ビックリしてしまった。

 昨日一日引っ張ったタイヤを前回の予選時の中古(これもハード)にしたため、路面温度は非常に低かったものの、ある程度のグリップレベルは確保し、ラップアベレージは上がった。しかしながらやはり59秒台で推移しており、マシンバランスはあまり向上していない。

 しかも悪いことにマップを濃淡両方に大きくふっても、11000回転前後のモタつきはまったく消えることがなかった。さすがに少々焦り始め、本橋君と片っ端から知り合いに電話して対策を練る。

 この結果、メインはやはりマッピングの変更となった。午後の走行では他の足回りのセットアップが決まり出して、アベレージで59秒前半となったものの、やはり8秒には届かず、しかも「モタつき」は残ったまま………。どうやらマップ以外に要因がありそうだという結論に達し、最後のテスト、すなわち「予選」でその見極めをするしかない、ということになった。………完全に暗雲の中に飛び込んだ形だ。

b0087712_17411568.jpg

[PR]
by kei74moto2006 | 2006-10-17 20:00 | CBR1000RR