<   2006年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

vol6 想うは輝かしき日々

四輪の免許を持っていなかった16歳のオレは「ドリームNODA」の先輩方のトランポにバイクを積んでもらっての筑波通いが続いていた。何度目かの走行で「メカニック系のレーサー」のほとんどにラップタイムで勝り、そこから少しずつ「上下関係」に微妙な線が入りはじめた。そして迎えたデビューレース、1988年の筑波選手権第二戦。単体カテゴリーでのエントリーが数百台にも登るSP250クラスで、いきなり予選3位となってから、状況は一変した。

「ケイ、おまえスゴイな」

その年の最終戦では当事のNODAのトップライダーであり、ノービスレーサーのアイドル的な存在だった「平田義和」選手とデッドヒートをするまでに成長、結果100分の7秒台の僅差で破れて二位となったが、これは未だにステキな「負け戦」として胸に焼き付いている。絶対に追いつけないのではないかと思った先輩、しかしそれに追いつき、しかも前に出てデットヒートを繰り広げる。抜かれた後も「ついていけて」、しかも先輩はオレに対して「ブロックライン」を使った………。絶対に世界一速くなってやろうと思っていたが、しかし実際に自分が速くなって目標に追いついていくのはどうも現実感がなかった。

「アブなくヤラれるとこだったぜ。ケイ、おまえ速くなったな」

表彰台の上、それまでは背が小さくても「巨人」に見えた平田さんを、背丈と同じ大きさに感じるようになった。「NODA」としてのレースはこれで終了、高校を卒業する翌年三月には鈴鹿に渡り、西の名門といわれたブルーフォックスの門を開くこととなる………。
[PR]
by kei74moto2006 | 2006-05-08 05:29

vol5 かわいがられている彼女。

当日の筑波はバックストレッチからいきなりメインストレートにいきなり運ばれそうなほどの強風が吹きすさぶコンディションだったが、しかしオートショップアオヤマのCBR600RRはかなり快調に走った。エンジンそのものは以前試乗したテクニカルスポーツの辻村号CBRRなどより当然走らない、だが、車体のカッチリした感じ、各種操作系のパッチリ感はすごくよくて「きちんと整備されているなあ」と感心しきりだったのだ。

本当に色々なマシンに乗ってきたが「そのマシンがかわいがられているかどうか」は、跨ってブーンと発進、5秒で理解できる。青さんのところのバイクはまさに「いい感じで」整備されていた。いつしか「たかが600」という意識は薄れ、久しぶりの筑波を楽しく走行することが出来た。このマシンはオートショップアオヤマ(以下ASアオヤマ)から筑波選手権に出場している萩原選手(通称ブンゲン)のもので、それをベースにこの日は軽くセッティングを行った。するとすぐあとの同選手権で優勝というオマケまでついた(ベストラップは0秒真ん中と、ノービスにしては立派なものだ)。

この筑波テストがきっかけとなって、オレの中のトライアングルがおもむろに活性化した。それまでモヤモヤとしていた霧が晴れかかって、すぐに色々なイメージが浮かんだのだ。テスト後しばらくして、電話した。

「ねえ、もしもだよ、もしもオレがマシンを用意したら、後の面倒は一切見てくれる?」

「え?どういうこと?」

突然の電話に戸惑った青さんは、しかし肯定的に、そう聞き返したのだった。

つづく
[PR]
by kei74moto2006 | 2006-05-08 05:28 | CBR1000RR

vol4 しかし、トランポを購入しても、肝心のバイクが決まらなかった。


仕事柄様々なニューモデルに試乗する機会はある。その中からもっとも可能性のあるものをチョイスすることは可能だ。しかし「レース」をするのであれば、その後のランニングコスト、メーカーごとのバックアップ体制なども当然考慮しなければならない。色々と悩んでいる間に時間は過ぎ去り、いよいよ3月末を迎えようとしていた。ちょうどその頃、「ねえケイ、ちょっとウチのマシンをテストしてくれない?」という話があった。オートショップアオヤマを経営する青山店長―通称青さん―からのオファーだ。このときの様子は東京スピードでも紹介してる。

青さんは大昔、まだオレが高校生の頃に世話になっていた「ドリームNODA」というチームに在籍していたメカニック兼整備士さんで、右と左くらいしか分からなかったオレに色々と教えてくれた良き先輩だ。店舗規模はさほど大きくはなかったが、この当事の筑波選手権で「ドリームNODA」を知らない奴はいない、というくらい有名なチームで、SP忠男、SSイシイ(現OX)、SSフクシマ(現ドッグファイト)、コシカワ八千代などと並んで、非常に個性もレースも強いレーサーが集まるショップだった。青さん自身も走っていたが、メインは整備だったはずで、他の非常にワガママなメンバーの中で唯一のまとめ役、兄貴分的な存在だった。

その後ドリームNODAは解体されてメンバーは散り散りとなるのだが、ここ数年は当事のメンバーで新年会を開くこともあり、その縁でこのテスト走行が実現することとなった。

ただ、正直言えば「あまり乗り気ではなかった」のだ。
何しろスーパーバイクで1シーズンを終えた後だったので「地方選手権レベルのST仕様600に乗ってもなあ」という気持ちが強かった。しかし「どんなバイクでも速攻で慣れて楽しむ」というのが身上のひとつなので、ひとまずテストしてみることにした。

つづく
[PR]
by kei74moto2006 | 2006-05-08 05:25 | CBR1000RR

vol3 しかしそれらのレースに継続的に参戦するには、

途方もないお金と時間、そして命が必要だ。これは一般的に個人レベルで賄うには限界に近い数字になる。もちろん「ただ予選通過して20位以下でもいいからゴール出来りゃOK」というスタンスなら、なんとかお金を工面してレースが出来るかもしれない。しかしほとんどのJSBレーサーは大なり小なりスポンサーを獲得してレースに挑んでいるはずだ。その上で全日本の20位前後、というのはどうも納得がいかない。
去年、全日本に出ている最中に痛烈に思ったのは「自分の出来る範囲で、納得の出来るレースを、これから継続的に行っていこう」ということだった。

年末調整を済ませた段階で「ある目的」用に貯めたちょっとしたお金があった。これは呑み食い代にはけして使わないようにプールしていたもので、有形無形問わず、自分の人生に意義のあることにボコンと使おうと決めていた金である。

今の自分にとって、そしてこれからの自分にとって、力となるもの。

それは、気合を入れて英会話とスペイン語教室に通うこと、そして―。

珍しく、悩んだ。

そして、一週間後。
約12年ぶりとなる白いトランポ、ステップワゴンを購入した。英会話とスペイン語は、今回はキャンセルした。

続く。
[PR]
by kei74moto2006 | 2006-05-08 05:23 | CBR1000RR

vol2 メジャーレース以外を「走る」ことに、意味はあるだろうか?



そんな自他問がある。これはすべてのレーサーにとって共通の答が得られるようなものではない。だがトップのみを目指すのが「レース」だとすれば、モトGP以外に存在意義はないということになる。少し緩めて「そこへの到達過程として」WSSやWSB、世界中のあらゆる国内選手権などがある、と言い換えればどうか?いや、これも疑問だらけだ。けして「そこ」へは行けないから、ひとまず「ここ」でレースしている、というのが90%以上のレーサーの本音だろう。つまりはモトGPだけがレースではなく、トップへの通過点のためだけにレーサーが存在するわけではない。また「ここ」が面白くないかといえば、そんなことはけしてないわけだ。

もちろんオレにとってもそうだ。ただ、全日本や8耐はあくまで自分の戦いという感が強い。色々な人たちに支えられてレースが成立しているのだが、しかし「戦っているのは自分」という意識が強く、実際にそうなのだ。それがなければトップカテゴリーで戦い続けることなど不可能である。一度しかない人生の中から、そのギリギリの感覚を失うことを嫌ってレースをしている人たちも少なくない。この「ギリギリ感」をもっとも強く味わえるのが日本の中では全日本であり8耐、ということになる。「ギリギリ感」は当然ながら絶対速度、タイム、順位に同比例する。

続く。
[PR]
by kei74moto2006 | 2006-05-08 05:18 | CBR1000RR