vol 60  最終回 もてぎロードレース選手権 R4(決勝)

2007 もてぎロードレースリリーズ最終戦。いよいよCBRチャレンジでの最後のレースが幕を閉じた。

b0087712_9433638.jpg


結果は、1位と0.910秒差での2位だった。

同時に、2007年シリーズチャンピオンとなる。

b0087712_9443278.jpg


神々が出雲大社に集って留守となるという神無月、それでも10月のもてぎの空は、爽やかな秋色だった。そしてその下には、たくさんのレース好きと、大好きな仲間達がいた。

b0087712_9413112.jpg


万感が交錯していた。ただ、それでもこの先また必ずレースをするだろうという確信だけは持った。

まるでノービスや国内A級のときのように、自費を投入してバイクを作りトランポを運転してタイヤ交換も整備も自ら行っての二年間だった。もちろん手伝ってくれた人、サポートしてくれた企業も少なからずいて、その人たちのおかげでここまでやれた。ただ、事の発端、そのベースは、まず自分が泥を吸ってでも動けるかどうかだったと思う。

そういう意味で、自分のルーツをしっかり確認できた二年間でもあった。

b0087712_1083156.jpg



「レース?遊びです」

12年前、モリワキから8耐に出るときに受けたNHKの特集取材において、レースとはなんですか?と聞かれて、そう応えた。全力でやれる遊びだと。日本のレース界で真の意味でのプロフェッショナルなどありえない、だったら自分の好きな形でやり続ける、遊びこそ偉大なものでありそこに妥協は許されない、だからこそ、それが自分のレースだ。

24歳の自分は、今見れば気恥ずかしくなるほどそう生意気なことをほざいていた。

もし今、あのときの自分に同じ質問を受けたら、なんと応えるだろうか。

やいクソジジイ、あんたにとって、レースとはなんだい?

「遊びだバカヤロウ」

間違いなく、そう応える。この二年を経てより一層、そう思った。

レースだけでメシが食えないからではない。技術レベルでいえば他の競技に負けているとは一切思わない。しかし、レースを興行とするならオレたちはけしてプロとはいえない。しかし、だから遊びというわけではない。

幸いなことにファクトリーレーサーになった経験はない。だからこそ、レースを真摯に考えられると思ってる。メーカーの思惑も何も関係ない。自分がやりたいかやりたくないか、それだけがすべての指標であり、モチベイションだった。

そういうことをやり続けて初めて自分が何をしたいのか、その輪郭がおぼろげながら見えてくる気がした。カネと時間と、時には命を賭して初めて知る「遊び」がある。

b0087712_10123225.jpg


延べ600日以上にも及ぶ自分の最大の遊びに、快く、そして最後まで付き合って下さった皆さん、本当にありがとう。JSBからだとすると3年間連続応援し続けてくれた人たちもいた。………家庭は大丈夫ですか(笑)。

大丈夫だろうが大丈夫じゃなかろうが、また、必ず面白い遊びを考えます。そのときは全開で誘うので宜しくお願いいたします。

2006-2007 梨本圭CBRチャレンジ

完。


b0087712_93625100.jpg


 CBRチャレンジスペシャルサンクス

 ホンダ

 ブリヂストン

 ASアオヤマ

 モリワキエンジニアリング

 アライヘルメット

 クシタニ

 KDC

 D.I.D

 ベスラ

 NUTEC

 NGK

 SUNSTAR

 モーターサイクリスト

 ドクターSUDA

 梨本塾大応援団

 雅会

 アオさん

 本橋くん

 ブンゲン

 浜松のナグタン

 鈴鹿のツネさん

 梅田のマッチャン

 王子の隊長 

 オールスターモータースポーツ
 
 ナオコ

 マユコ
[PR]
# by kei74moto2006 | 2007-10-14 17:00 | 2006-07 もてぎ選手権